アニメ「明日ちゃんのセーラー服」第10話のあらすじと感想

Featured Video Play Icon 明日ちゃんのセーラー服

アニメ「明日ちゃんのセーラー服」第10話「ファイト!ファイト!」のあらすじと感想です。

10話は応援回で、小路は体育祭の応援係として練習する皆のところを応援して周ります。

女の子ならではのことで悩むクラスメイトもいて…。

アニメ「明日ちゃんのセーラー服」Web予告 第十話「ファイト!ファイト!」

小路は応援係

10話は体育祭の練習をそれぞれがするお話で、小路は選手として出場するだけではなくて

応援係にも立候補していました。

立候補した理由が皆の練習を見に回れるからというのも、小路らしい動機ですごく好きです。

応援ということで応援係の皆でポンポンと作るシーンがあったのですが、学生時代を思い出してすごく懐かしい気持ちに私はなりました。

また今回は小路のクラスのちびっこの蛍ちゃんに焦点をあてたカットもあって、すごくかわいかったです。

体型の悩み

10話でメインとなったクラスメイトは四条璃生奈(しじょうりおな)でしたね。

四条さんは発育が良い女の子で、体育祭ではテニスに出場することになっていたのですが、最初の練習で前よりも下手になっていたことが判明します。

その理由は体型に悩むあまり、体が縮こまっていたから!

これは小路と一緒に応援をする流れになったとき、小路が客観的にチャックするために撮影した動画を見て気づいたことです。

思春期に関わらず体型に悩む女の子は多いですよね…。

とくにこのアニメの主人公である小路は、かなりすらっとした女の子として描かれているので、発育が良い子にとってはコンプレックスに感じても不思議ではない展開だったと思います。

ただ明日ちゃんのセーラー服の場合、1話のなかでちゃんとその子の気持ちに寄り添ってモヤモヤ感を残さないストーリーになっているので、すごく安心して見ることができました。

四条さんの強さ

このお話で私が思ったのはやはり四条さんの強さですね。

体型のコンプレックスというのは、なかなか自分でもコントロールできない部分だと私は思っています。

撮影された自分の体型を他の人と比べて落ち込むことはあっても、四条さんのように小路の言葉をきっかけに前向きに考えられる人は本当に少ないかと。

すらっとしている小路でも背がそこまで高くないという体型をカバーするために動きに工夫していることを知って、そこから学べる四条さんは本当にすごいなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました