【ONE PIECE】90巻910話 いざワノ国へ ー続いてサニー号、ついにかの地へ上陸ー

ONE PIECE

恋から始まる…わけがない

910話を読むと、作者の動物愛を感じずにはいられません。

新しい島に上陸したとき、島特有の動物が出てくるのもONE PIECEの見どころですよね。

おだっち基本的に動物好きなんだろーなー。あまり凶暴な動物は(人間の支配下にある場合を除いて)登場しないので、出てくる動物(獄卒も含む)に愛を感じます。

扉絵のリクエスト指定も「動物と麦わらの一味」ですしね。青キジの相棒ペンギンなんか、たまらない カワ(・∀・)イイ!!
青キジに似て寝てばかりというのも面白い。

ワノ国の動物は、”恋”ならぬ”鯉”から!

 

三味線の次は鼓…?

あ、その前にタコが登場していました。

このタコ、いつからいた?
思わず見返すほど自然に存在。

読み返すと、ルフィと話すブルックの後ろに足が1本登場しているんですね。

ハチマキと目つきが下町のオヤジっぽい
タコ。江戸言葉で何かしゃべってそう。

滝登りという山場を迎えるにあたって

「いよ~っ、ポンポンポンポン…」

と鼓を鳴らしてくれているようです
本当に鼓が鳴っているかのような臨場感…この描写力、恐ろしい。

ONE PIECEは日本が世界に誇れる漫画
だと個人的に思っています。

 

もはや動物とは括れない

次に登場するのは…犬?狛犬?狛犬出しちゃう?
確かに 狛犬=神社=日本! 的ですが、狛犬を動かす漫画ってあまり読んだことないなぁ。妖怪になったり、人になったりして登場するものはあるけど、まさか狛犬くるとは!

わずか3コマなんですけどね、それでも狛犬って伝わってくるこの描写力…恐ろしい。

 

最後は

ケタ違いの大きさ、狒々。何やら攻撃的な様子だけど、どこかに愛嬌を感じます。

ところで、ワノ国になってから”べん!”という効果音が使われるようになりましたね。
いいですねー、開幕を彩った三味線の音色!
ワノ国を俯瞰して語っている第三者がいるかのような演出。

ルフィとともに現在進行形で
冒険しながらも、どこかで
誰かに見られて、
演目として
上演されているような…
今までにない不思議な
感覚に陥りながら、
ワノ国を
進んでいくことになりそうです

さらなる”侍の国の冒険”は911話

コメント

タイトルとURLをコピーしました